優良安全運転 制度

 

<指導士専用>

 

優良安全運転 講習について

     

     当協会では、ハンドル形電動車いすの利用者の方々に、交通ルールやマナーを守って正しい運転操作をすることにより、事故の無い安心、安全、快適な生活ができるよう優良安全運転に関する講習を行っています。

     

     優良安全運転講習会の開催案内については <イベント案内> をご覧ください。

     

     利用者の方々へは、定期的に開催される「優良安全運転講習会」を介し、また新たに電動車いすを購入された方へは、ご使用になられる前に、当協会の安全運転指導資格認定者の個別指導を通して、正しい運転操作、交通ルール、マナー等を習得して頂くと共に、今後のご利用にあたっての当協会のメンテナンスサポートについてご案内しております。

     

      電動カート購入者を指導する「優良安全運転指導士(補)」の募集と育成について

       新たに電動車いすを購入された方への安全運転講習をおこなう「優良安全運転指導士(補)」を育成するため希望者を募集しています。当協会の主旨にご賛同いただき、ご協力いただける方のご参加をお待ちしています。

       

       

      <概要>

       

       ハンドル形電動車いす優良安全運転指導士(以下指導士)は、一般社団法人 日本電動車いす交通協会が会員を対象に推進する資格であり、ハンドル形電動車いす(通称、電動カート)が高齢化社会における移動手段として、今後急速に普及していく現状の下、利用者の安全と安心を確保し、社会からの信頼性向上のために尽力する社会的に極めて意義のある資格です。本講習の前に一般利用者向け優良安全運転講習を受講され、優良安全運転者として認定された方は、個人或いは会社として当協会に入会されて、本講習を受講するによって指導士として認定された場合、一般利用者を指導することが出来ます。

      この指導士認定制度は、本講習の受講を基本にして頂き、指導士としてハンドル形電動車いすの社会生活における安全な利用にしっかりと貢献して頂きたいという当協会の強い願望と決意をこめた資格制度です。


      <資格取得条件>

       

      1.ハンドル形電動車いすの販売業務従事者、設計者、製造技術者、介護サービス事業関係者及びそれらに準ずる者。(自動車等の運転免許を保持している事が業務遂行上望ましい)

      2.当協会の会員であること。(年会費が必要です)

      *資格の有効期間は認定証の発行日より2年間です。(更新制度があります)


       

      <資格取得方法>


       通信講座受講による認定資格取得者は指導士補となります。

      優良安全運転指導士制度の教則、参考資料の提供は全て電子メールにて行います。

      資料のダウンロードは こちら (ベース登録終了後、パスワードを連絡します。)

      協会様式の設問に回答を提出頂いた後、審査の上、指導士補の資格を認定します。

       

      1.協会様式の設問に回答を提出頂いた後、審査の上、指導士補の資格を認定します。

      2.この資格は、電動カート購入者(利用者個人)を指導することは可能ですが、複数の人を集めて指導することは出来ません。会場などで団体への講習、指導には、指導士の資格が必要です。詳細は協会の問い合わせ電子メール info@jewca.or.jp へお尋ねください。

       


      【ベース登録と報酬】 

       登録は無料です。登録希望の方は、受付窓口( nishihara@jewca.or.jp )に御問い合せ下さい。

      審査及び、資格取得後に指導士補認定証が発行されます。

      指導士補認定証は電動カート購入者に対し安全講習を行う時に必要となります。

       

      ※優良安全運転講習指導時に認定証(有効期間は2年)の提示が必要です。

      1.優良安全運転指導及び付随業務に対し依頼元から所定の手数料が支払われます。

      2.指導士補認定証発行時には協会へ事務手数料として2,000円(税別)の支払いが生じます。

       

       

       ●指導士補業務に対する当協会の基本的な考えは次項に記載のとおりですので、ご承諾の上お申し込みください。

       

       認定した指導士補は電動カート購入者に対して、優良安全運転について正しく指導することが出来る資格です。当協会は、この資格を製造、販売業者等の納品業務に活用していただき、その結果、購入者が正しい運転操作を習得し、交通ルールやマナーを守り、事故の無い安心、安全、快適な生活が出来るよう願っています。従って、会員(指導士補)も公序良俗、信義誠実などの社会秩序を遵守した行動により、当協会の存在価値を高めるよう期待しています。逆に当協会の名誉が傷ついた場合などには、退会や賠償などの厳しい処置を執らせて頂くことがあります。当協会の社会貢献への責務を御理解頂き、指導士補の職務に邁進して頂きたくお願い申し上げます。尚、受講者の万一の事故などについて、当協会はその責を負うものではありません。

      また、戴いた個人情報は、法律に基づき、目的外に使用することはありません。詳細は「個人情報保護方針」こちらをご参照ください。